太陽光パネル 散水システム

太陽光パネル 散水システム

探している "太陽光パネル 散水システム"?

記事 太陽光パネル 散水システム

どのような記事何についてGoogleで見つけることができます 太陽光パネル 散水システム:

記事 #1

管理人のイエイリです。

太陽が照りつける夏の屋根温度は、気温が30℃以下であっても50℃以上になることがあります。

特に危険物貯蔵施設では、溶剤が気化するのを防ぐために冷房装置を導入には、「防爆仕様」を備えたものが必要となり、多くの費用が発生します。

三井住友建設は、東洋インキSCホールディングス(埼玉県坂戸市)の危険物貯蔵施設の冷却を低コストでできないかと考えました。

そこで採用した案は、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

屋根に散水する

 

という方法だったのです。

今回、導入した屋根散水システムは、散水の水使用量を減らすために間欠的な散水を行うほか、天候や温度による制御を導入して節水を図ります。

これまでは個々に設計、製作していた制御盤をパッケージ化することで工費削減や工期短縮を実現しました。

また、内蔵する太陽光発電パネルで制御システムには商用電力を使用する必要がなく、散水用の弁の開閉も行えます。

危険物製造所や取扱所の冷却には、以前から屋根散水が実施された事例があり、建物内部をほとんどいじらずに防爆仕様にも対応できることや、屋根の遮熱や断熱に比べて効果が大きいことが評価されていました。

では、屋根への散水はどれだけ効果があるのでしょうか。三井住友建設は散水装置設置前の6月15日と、設置後の9月6日の気温を比較しました。

その結果によると、設置前は気温より30℃近く高かった屋根の温度は、

ナ、ナ、ナ、ナント、

 

外気気温と同レベル

 

まで下がったことが明らかになったのです。

つまり、水が気化するときの大きな「潜熱」が、焼け付く屋根を強力に冷却していることがわかります。屋根からの放射熱が大幅に下がるので体感温度はかなり違いそうですね。

この屋根散水システムは、大きな屋根には一定間隔で設置した散水ノズルを1列ごとに散水する「順次散水システム」にも対応できます。コンパクトな装置と少ない散水量で冷却できるので、三井住友建設は今後、このシステムを展開していく予定です。

Source: http://ieiri-lab.jp/it/2014/11/water_cooling.html



記事 #2

 従来より、太陽光発電パネルが利用されており、太陽光発電パネルは主に建物の屋根上に取り付けられるが、屋根上のような高温下では発電効率が低下してしまうものである。

 そこで、太陽光発電パネルを冷却する方法として、太陽光発電パネルの表面に散水して、その気化熱により冷却する方法が知られている。この方法においては、太陽光発電パネルの表面に万遍なく散水することが困難で、また、表面に形成される水膜により屈折や反射等が生じて発電効率が低下してしまうという問題があった。

 また、太陽光発電パネルを冷却する別の方法として、太陽光発電パネルに送風して冷却する方法が知られている。この方法においては、送風装置が必要であり、また、周囲の雰囲気温度が高いと対流熱伝達効果が低いという問題があった。

 そこで、上記問題点が解決されるように、太陽光発電パネルの裏面に、合成繊維製の蒸発式冷却体が設けられるとともに、管状の導水材が設けられる方法が開発された(例えば日本国特許公開2000-22193号公報参照)。

 しかしながら、この方法にあっては、導水材が太陽光発電パネルの側方に設けられているため、太陽光発電パネルおよび導水材の設置面積の全体が大きくなり、全体の設置面積に占める太陽光発電パネルの設置面積が小さくなってしまう、という問題があった。

Source: http://www.google.com/patents/WO2012176500A1?cl=ja



動画を見ます 太陽光パネル 散水システム

あなたは、YouTube上で見つけることができますどのような:

蓄電型ソーラー発電の自動散水装置

Leave a Replay

Make sure you enter the(*)required information where indicate.HTML code is not allowed